世界沼シュノーケリング選手権

世界でいろんな水泳大会があり、泳ぐ速さを競う大会は世界中をアツく感動と興奮に包みます。

イギリスのウェールズにある英国最小規模の村「スランウェルティド・ウェルズ」(Llanwrtyd Wells)ではただの水ではなく

泥の中をシュノーケルとフィンを装着して速さを競うその名も「世界沼シュノーケリング選手権(World Bog Snorkelling Championships)」(名前が直球!)が毎年開催されています。

その異常な盛り上がりはエクストリームスポーツのスポンサーとしてもお馴染みのRed BullがWebサイトで取り上げるくらいに年々ヒートアップしております。

まずはそのクレイジーとも言える競技の様子を御覧ください。

スポンサーリンク

世界沼シュノーケリング選手権の様子

世界沼シュノーケリング選手権
いきなりコスプレで登場!かっぱではありません。

世界沼シュノーケリング選手権

もちろん女性も沼にダイブします!

泥に飛び込むまでは嫌な顔になりますが、飛び込んだら汚れようが、泥まみれになろうが自然と1体になった感じがして子供の頃に戻れそうですね♪

映像を見ると結構ガチな人もいますよね♪

女性も雨の中、レースに参加しています。
ウェットスーツを着ないで元気いっぱいです。

世界中から参加者が集まってくるこの世界沼シュノーケリング選手権ですが、120ヤード(約110メートル)もの距離をいかに速く完走できるかを競うレースなんですが、タイムアタックを忘れて楽しんでいる人の方が多いみたいですね(笑)

世界沼シュノーケリング選手権

実は沼を及ぶ以外にも自転車で掛ける抜けるというクレイジーとしか思えないレースも存在します。

現地の人は「完全にバカの為の祭り」だと言っているとかいないとか(笑)

参加者は異常な盛り上がりを見せています。
世界沼シュノーケリング選手権

観客は完全に馬鹿を見て楽しんでいるコスプレを見て楽しんでいますね♪

スポンサーリンク

世界沼シュノーケリング選手権の起源

この祭りは30年前に始まった比較的新しい奇祭です。

なお、参加者の衣装はバカっぽい(愚かしい)、奇抜であることが好まれています!

なんとこの水路では度々羊が溺れて死んでいるらしいですが、大会前はキレイに掃除するんだとか。

そんな危険な沼にダイブして楽しむ、異常な盛り上がりを見せる祭りです。

沼シュノーケリング選手権以外に

  • ストーンスキミング(水切り選手権) 石を投げる競技
  • ワイフキャリング(嫁担ぎ選手権)
  • チャリオットレース(軽量四輪馬車レース)
  • ベリー・フロッピング(腹打ちダイビング)
  • 沼マウンテンバイクレース

が存在します。
しかも沼マウンテンバイクレースは深さ約1.83mの水路を特別な自転車に乗って進まなければならない競技です(笑)

スポンサーリンク

世界沼シュノーケリング選手権の開催時期

世界沼シュノーケリング選手権ですが、2019年は8月25日(日)に開催されます。

ちなみに今までのタイムですが、1分26.15秒を記録。
チャレンジャーは是非!

エントリーは7日前までにオンラインで受け付けております。

求む!クレイジーたち!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事