今回は、アメリカのミシガン州で真冬に開催されている
通称「エコソリ祭り」をご紹介します。
ソリという名前の通り、ゲレンデを一気に滑り降りるものです。
普通は下の画像を想像する方も多いでしょう。。

winterfest1

でも、エコソリ祭りはちょっと違います。(笑)

スポンサーリンク

エコソリ祭りの醍醐味!それは・・

何よりタイムを競い合う本格的な大会となっていること。
といっても、さすがに20回以上も開催されているだけあって、
大半の参加者は祭りを楽しむ雰囲気であること。

イッテQではご覧の通り、乗るソリを軽量化するだの、何人乗るだの、
事前の計画が大事でしたね。戦略的、、単にソリといっても侮れないです(笑)
ゲレンデを滑り降りるのは1回限り、もちろんリトライはありません。(笑)
ゆるやかな傾斜ではありますが、ブレーキなしに一気に滑るとなると、
相当なスピードな出る危険性もあるのでご注意を!

winterfest4

スポンサーリンク

ルールはいたってシンプル

ソリの材料は、「ダンボール」です。画期的!
安全を期すためか、接着剤の裏面使用は禁止で、
表面のみ許されています。あと、粘着性のテープも使用可能です。
ソリに乗る人数は1人〜10人と決められております。
(10人乗ったら大事故起こる気が・・)
他にも細々としたルールがあるようですが、
上記が守られていたら審査は大体通過します。
何だかボブスレー競技にも似てきますね、、でもダンボール(笑)

スポンサーリンク

Enjoy Sled!

参加者の方々はそれぞれに思いのこもったソリを作って、
思い出つくりに参加されているようにも見えます。
何だか童心に帰った気持ちになりますね。

winterfest2

しかも最後は過激に藁のボックスにダイブ!(笑)
winterfest5
これはこれで気持ちよさそう!

開催場所・時期について

ミシガン州の「Mulligans Hollow」という場所で開催されています。
開催時期は、毎年1月下旬です。

この場所は、グランドヘブンと言われる地区で、
約5km北部には、マスキーゴンエアポートがあり、
日本からの直行便があります。フライトは約1日かかります。
費用は時期にもよりますが、約140,000〜200,000円です。

動画にて、エコソリ祭りの一部始終をご覧いただけます。

ストレスを発散させてみたい方は、
是非チャレンジしてみてください。自分も参加してみたいです(笑)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事