100年以上もの歴史をもつヴェネチア・ビエンナーレ

最も歴史の古い国際美術展としても名高く、世界中に祭典を楽しみにするファンが存在します。

ビエンナーレとはイタリア語で「2年に1回」という意味で文字通り、2年に一度奇数年に開催される”芸術の祭典”です。

今でこそ、美術展は世界各国で開催されるようになっていますが、このヴェネチア・ビエンナーレが起源だとされています。

まるでオリンピックの様に各国の代表者を決め、独自の芸術性を競い合います。

そんなヴェネチア・ビエンナーレについてご紹介します。

スポンサーリンク

第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 開催概要

ヴェネチア・ビエンナーレ2019

ヴェネチア・ビエンナーレですが、2019年は第58回を記念する国際美術展となります。

期間 5月11日(土)〜11月24日(日)
主催 ヴェネチア・ビエンナーレ財団
総合キュレーター Rulph Rugoff
日本館展示タイトル Cosmo-Eggs(宇宙の卵)
日本館主催 国際交流期間(ジャパンファウンデーション)
日本館会場 カステッロ公園内
日本館キュレーター 服部浩之 氏

優秀な国の展示には金獅子賞が贈られます。

ちなみにヴェネチア・ビエンナーレは美術展以外に建築展音楽祭演劇祭があります

ヴェネチアと演劇祭、金獅子賞と聞いてピン!

とひらめいたあなたはさすがです!

そうです、世界三大映画祭の1つでもあるヴェネチア国際映画祭もこのヴェネチア・ビエンナーレから派生したコンクールです。

行ってみたくなりましたよね♪

気になるチケットの購入方法や価格が次になります。

スポンサーリンク

第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展のチケット購入方法や価格

ヴェネチア・ビエンナーレ2019

第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展のチケットの価格ですが、現地の価格で23.50ユーロとなります。

1ユーロが日本円で約125円ですから(2019年3月現在)日本円に換算すると3,000円弱です。

ちなみに学割があります。

そして、第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展のチケット購入方法ですが、
公式Webサイトからの購入となります。

ヴェネチア・ビエンナーレの公式Webサイトはこちら

もちろん、中には移動費を含めたツアーを組んでいる旅行会社もありそうですね。

スポンサーリンク

第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展に日本人出品作家は?

さて、第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本人出品作家をご紹介します。

  • 下道基行(美術家)
  • 安野太郎(作曲家)
  • 石倉敏明(人類学者、秋田公立美術大学准教授)
  • 能作文徳(建築家、東京電機大学准教授)

上記の精鋭作家が指名コンペティションにより選出されました。

結果発表はあなた自身の目で確かめてください♪

アートって難しい...

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事