ヨーロッパ最大の火祭りとしても知られる「Up Helly Aa」(和訳:ウップ・ヘリー・アー)はスコットランドの伝統的なお祭りです。

スコットランドの地方の人達は特に自分の「ルーツ」に強いこだわりを持っています。

実際にスコットランドの更に北の海に浮かぶ島の住民たちは、スコットランド人でも、シェットランド人でもなく、スカンジナビア人だと語るくらいです。

日本ではあまりイメージつきにくいかもしれませんが、北海道だ、沖縄だ、関西人だ、九州人だ。
というイメージでしょうか。

そのスカンジナビア人にとっては「バイキング」が自分たちのルーツであることをとても誇りに思っているみたいです。

そんな彼らが最高に盛り上がる祭りでもあるのが「Up Helly Aa」です。

それはまさしくバイキング祭りといっても過言ではありません。

まずはそのど迫力なバイキングの祭りを御覧ください。

スポンサーリンク

Up Helly Aa(ウップ・ヘリー・アー)がど迫力

ウップ・ヘリー・アー

ウップ・ヘリー・アー

海賊船がど迫力ですが、周りの人もタイマツを持ってど迫力ですね!

スポンサーリンク

Up Helly Aa(ウップ・ヘリー・アー)のバイキングがリアルすぎる!

ウップ・ヘリー・アー
こんなんが攻めてきたと思ったら恐怖しかありません。

ウップ・ヘリー・アー

昔はこういったバイキングが本当に攻めてきたんだからこの時代に生まれて本当に良かったと思います。

ウップ・ヘリー・アー
絶対にタイマンで勝てる気がしない...

ウップ・ヘリー・アー
ちょっとお祭り気分で安心しました。

伝わってくるのは現地の人たちがこの日にかけているという点ですね。

スポンサーリンク

Up Helly Aa(ウップ・ヘリー・アー)について

そもそもUp Helly Aaってどういった祭りなんでしょうか?

クリスマスや新年に行われたタールバレルの伝統的な祭りとして誕生しました。

若者は分隊でそりで町を通って燃えるタールのバレル(海賊船の模型)にいたずらして楽しんだりします。

Jarlと呼ばれる首長になるためには15年間指定された委員会に参加しないといけない決まりがあります。
しかもこの委員会に選出される人は毎年1名。

それだけになれた人はかなり嬉しいでしょう♪

Up Helly Aa(ウップ・ヘリー・アー)の開催時期

ウップ・ヘリー・アー
本来は春の訪れを祝うお祭りですが、実際にはまだ冬の1月は最終の火曜日に行うことが毎年決まっております

2019年は1月29日火曜日に開催されます。

そしてバイキングの吐く息が白くいかに寒いか分かります。
タイマツを持っていないと寒くて仕方がないかもしれませんが、現地の人は慣れているでしょうね。

祭りのタイムテーブルとしては

  • 09:00 イギリス軍へ(出発)
  • 09:40 イギリス軍を去り、エスプラネードに沿って、マーケットクロスにあるビルを訪れます。
    そしてコマーシャルストリートに沿って進みます
  • 10:30 レセプションのためBressayフェリーターミナルを出発
  • 15:30 シェットランド博物館を訪問
  • 19:15 Guizer Jarl SquadがGuizersの仲間入りをします
  • 19:30 パレードの始まりです!
  • 21:15 第一ホールを訪問

なかなか分かりにくいですよね(笑)

Up Helly Aa(ウップ・ヘリー・アー)の開催場所

気になる開催場所ですが、シェットランド諸島(牧羊犬のシェットランドシープドッグで有名!)のラーウィックで開催されます。

日本からだと、乗り継ぎが2回必要です。
乗り換えの時間を含めて35時間程度が目安のようですね...

費用もお一人30万ほどかかりますが、一度は訪れてみたい町ですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事