人間は誰しも、縛られているものから開放されたい。
その縛る一つのものが、「携帯」
自分の携帯を投げているのかは不明だが、、
一度でいいから怒りにまかせて投げてみたい気もする。(不思議)

携帯を投げ競う姿から一種のお祭りのように見える。
これがフィンランドで行われる「携帯投げ祭り」です。

スポンサーリンク

Mobile Phone Throwing World Championship

携帯投げ祭り1

中古で使わなくなった端末をリサイクル処分する前に、
投げ大会を開こうという企画が発端で、
環境保全の試みでもあるというのだが。。(趣旨が意味不明)

携帯投げ祭り2

wikipediaによると、
携帯電話投げ(けいたいでんわなげ、フィンランド語: Kännykänheitto)とは、
2000年にフィンランドで始まった国際的なスポーツである。
競技者は携帯電話を投げ、その飛距離やテクニックを競う。

スポーツは一理あるんだが、、テクニックってなんだろう?(笑)
220グラム以上ならどんな携帯電話でも良いとのこと。

スポンサーリンク

競い方について

いたってシンプルです。遠くに飛ばした人が勝ちです。

また、1人ずつ飛距離を競う部や、
チーム対抗で競う部(合計の飛距離で競う)、
独創性な投げ方を競う部、
ジュニア部と4つの部門で競われます。

携帯投げ祭り3

スポンサーリンク

開催場所について

例年、フィンランドのサヴォンリンナで開催されています。(※開催期日はその年によって変わる)
投げてみたい、肩に自信のある方は是非!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事