タイのソンクラーンフェスティバル

タイの水かけ祭り「ソンクラーンフェスティバル」がとにかく楽しそうです♪

スポンサーリンク

ソンクラーンフェスティバル(水かけ祭り)とは

もしかしたらタイに行ったことがなくてもソンクラーンフェスティバルは聞いたことある人も多いかもしれませんね。
このソンクラーンフェスティバルはタイではお正月の時期に当たります。

水を掛け合いながら「ハッピーニューイヤー」

(タイ語では「サワディー ピーマイ クラッ(プ) カー」と言うみたいです)

と新年をお祝いする祭りでもあるんですね。

会社も学校も連休に突入するので気分は正月気分ですね。

みなさん楽しそう♪

ソンクラーンフェスティバルには海外からの旅行客ももちろん参加OKで、街中は人と水が溢れ、とても楽しい祭りとなっています。

元はと言えば新しい服を着て、仏像や年長者の手にお水をかけて清める行為から今の形に発展していったと言われています。

ある意味、いい意味で無法地帯になっておりあちこちで水を準備しては道を通る車やバイクめがけてバケツの水をぶっかけます!!

車はOKとして、バイクだったら転倒しないかとかいろんな心配をしてしまいますが、さすが現地の人は生まれたときからこの習慣があるので慣れっこ!

むしろかけられることを期待して道を通っているとしか思えません(笑)

もちろん、参加者として行ったならズブ濡れになるので、Tシャツの下に水着を中に着ていくなり、それなりの覚悟で参加してください。

スポンサーリンク

ソンクラーンフェスティバルの時期

タイのソンクラーンフェスティバル
タイで最も暑くなる時期、4月の3日間に毎年行われています。

4月13日〜15日はタイが暑くて良かったと思える特別な日ですね♪

ゾウさんと水かけ勝負をしてみても面白いかもしれませんよ!
絶対に勝てないですが...

スポンサーリンク

ソンクラーンフェスティバルの場所

ソンクラーンフェスティバルは参加は無料、基本この時期にタイに行けはタイ全土どこでもやっているみたいですがメインはこちらかもしれません。

場所は、タイのバンコクになります。
BTSスカイトレインで「サイアム駅」まで向かえば大丈夫です♪

駅を出てから水鉄砲など必要な道具を街で購入することが可能です。
日本でもおなじみの○ッキーマウス、ドラ○もんなど、著作権はどこにへやら。

サイアムスクエアにある水鉄砲(露天)

というような水鉄砲もたくさんですね。
クオリティはなかなか良さそうです♪

ソンクラーンでこれだけは注意!

誰もがお水を掛け合って新年をお祝いし合う楽しい祭りですが、いくつかNGが。

実は水をかけてはいけない人がいて

  • 警察
  • 僧侶

この人達に水をかけることはNGです。

そして、街中が水浸しになるのでスリップには十分注意しましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事