年に1度、タイのイースター島で開催されるお祭り「タパティ・ラパヌイ」
ラパヌイの文化を後世に伝えていくために、1970年台から始まったお祭りです。
半裸の男女がボディペイントを施すところが、

今では海外の観光客の目に止まったようで、参加者も増えつつあります。
個人的には、全面を覆い尽くすのとは違った意味での仮装ってイメージですね。

tapati-rapa-nui1

スポンサーリンク

参加者はどうやってあのボディペイントを?

自身がこの記事を書こうと思った時に、
一番気になったのは、あのボディペイントはどうやって施しているのか?
まさか全裸状態から・・笑

安心してください、履いてます笑
どのように施すのかというと・・
まず、下着の状態から、泥を全身に塗って下地を作る。

頭の飾りを作ってもらう ※現地スタッフ

実際のペイントを描いてもらう。 ※現地スタッフ

これだけです。いたってシンプルです!
ペイントで塗る液もオーガニック(現地で採れた自然のもの)素材なため、
肌にも優しいので安心できますね!
tapati-rapa-nui2

参加される方は、羽飾りを被るのが一般的のようですね。
というのも、このあとに待ち受けているのは、その衣装の採点です。
採点はササッと終わるようで、数時間かかります。笑
実はこの採点が終わった後で、パレードが始まります。

tapati-rapa-nui3

人種、老若男女、参加の制限なく、みんな楽しんでますね!
これなら半裸であることも次第に忘れそう笑

スポンサーリンク

魔法のお祭り

一体どのようなことを祭りでやっているのか?
実は上に書いたパレード以外にもいくつかあります。
これは動画からですが、個人的には一番楽しそうなので掲載します。
ハカペイ(バナナトランクの上で島の最も急な斜面を滑り降りる)という
日中にやっている行事です。
下の動画では、木々を組み合わせたそりに人が乗り、
草原の丘から滑走してます。

これだけの草原を駆け下りるのは気持ちよさそうなのですが、
時速60キロに達するということで・・怖っ笑

あとは、ラパヌイトライアスロン、競馬、
そして夜の部では、グループダンスコンペティションが開催されます。
丸一日楽しめますね!

スポンサーリンク

開催期間について

お祭りが開催される時期は、1月末~2月上旬の間で約1週間程度のようです。
正確な日にちについては年々若干の変動があるため、事前に調べておいたほうがよいです。

公式Facebookのアドレスはこちらです。参考にどうぞ。
https://www.facebook.com/TapatiRapaNuiOficial?fref=ts

アクセスについて

場所はもちろん、あのイースター島です。
地図上の正式名称は「パスクア島」ですね。

日本からですと、
日本航空、アメリカン航空、イベリア航空、LATAM航空グループを利用して
チリのサンディアゴを経由するか、
大韓航空、カンタス航空、エアタヒチヌイを利用してタヒチ経由で行く方法が一般的です。
値段は時期にもよりますが、安いのは前者のケースです。

1月の例では、往復で約350,000円かかります。

補足

パレードに関しては、無料参加型ですが、
基本的に上段「魔法のお祭り」に書いた競技やダンス形式のイベントは見学のみです。

Tapatiが実際に行っている魔法のお祭り、
興味のある方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事