お隣の国【韓国】はご存知の通り美容大国としても有名。

そしてその中でもポリョン(保寧)には美肌に良いとされている泥パックが有名!
そんな泥が売りの街、ポリョンが泥を使った町おこしが「保寧(ポリョン)マッドフェスティバル」
(正式名称はBoreyong Mud Festival)

美容の国・韓国の美しくなれる泥で、誰もが童心に返れる祭りですよね♪

日本語で言えば「ドロ祭り」です♪

スポンサーリンク

保寧(ポリョン)マッドフェスティバルは外国人に人気!

保寧(ポリョン)マッドフェスティバル

実はこの保寧(ポリョン)マッドフェスティバルは韓国の中でも特に外国人が参加する祭りとしても有名なんです!

受け入れ体制も整っており、

  • 通訳ボランティア
  • 外国人割引料金制度
  • 外国人専用食堂や荷物預り所
  • 普段着から水着に着替える場所
  • 泥まみれになった体に必要なシャワー設備

などなどが完備されています。

言葉が通じなくても安心ですし、韓国で韓国人以外の外国人と友達になれるチャンスでもあります。

美容(Beauty)は世界の共通語ですからね♪

スポンサーリンク

保寧(ポリョン)マッドフェスティバルの開催時期

気になる開催時期ですが、毎年7月中旬に開催されています。

約10日間ほどの長期間運営で、平日も休日問わずに営業しています。

特に夜のイベントがある日があり、週末には特に盛り上がりをみせます。

江南(カンナム)スタイルでも有名になったクラブミュージックが実はアツい韓国ならではの特徴ですね。

マッドフェスティバルの後に江南(カンナム)の最新のクラブミュージックに身を預けるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

保寧(ポリョン)マッドフェスティバルの内容

韓国のドロ祭りが人気

もはや泥にまみれているのは泥まみれの人にまみれているのか分からなくなる写真ですよね(笑)

改めて保寧(ポリョン)マッドフェスティバルの内容を説明しますね。

メインの泥から作られた泥パックは、ミネラル、ゲルマニウム、ベントナイトの高いレベルで肌の色調を改善する素晴らしい方法と言われています。(諸説あり。あくまでも個人的な意見になりますので、実際に確かめてください)

そして、外国人に人気の理由として実はドロ祭りだけではないんです。

  • 泥レスリング
  • 泥王コンテスト
  • 花火
  • 泥の上で泥警
  • 泥風呂
  • 滑り台に泥で油が注がれる
  • ヒップホップやダンスパーティー(夜間)

そのプログラムの数はなんと60近く!

泥王ってなんなの!?って気がしますが行ってからのお楽しみ♪

泥で美しくなれる!?

やはり気になるのはこの泥パック効果を狙えるのかどうかという点ですよね。

噂では干潟から採取された泥は天然ミネラルがたっぷり

なんとこの泥を使った化粧品も販売されているほどなんです!

泥んこになって楽しんだ後はパックしたようなお肌に変わっていたらストレス発散もできて、美肌も期待できて一石二鳥ですね!

ポリョン(保寧)マッドフェスティバルの参加方法

気になる参加方法ですが、入場は無料なんです!(韓国は実は太っ腹!?)

無料で楽しめて美肌になるなら行かなきゃ損くらいの気持ちになりますね。

ただ、有料ゾーン(6千ウォン/半日or1万ウォン/終日)もあります。

そして、持ち物ですが、絶対に水着・着替え・タオルは必須です!

韓国は日本語が通じる宿泊施設も多いので事前予約で現地に宿泊を手配しておきたいですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事