スポンサーリンク

マイスタートゥルンク歴史祭りとは

17世紀の三十年戦争でプロテスタント側についたローテンブルク市は、カトリック軍に包囲され、防戦空しく占領された。

占領したカトリック軍のテイリー将軍は、町の破壊と、指導者の市参議会員の反逆罪による処刑を宣告した。
これをやめさせようと、市民が極上のフランケンワインを3.25ℓの容器になみなみとついで差し出したところ、
将軍は、この大杯のワインを一気に飲み干す物がいたら、死刑囚を特赦すると申し渡した。

この申し出に進み出たローテンブルクの元市長のヌッシュは、見事ワインを飲み干し、町の破壊と市参議会員の処刑を免れた。
このワインの一気飲みが「マイスタートゥルンク」で、伝説として現在に伝わっている。

ローテンブルクではこの故事にちなんで、毎年初夏の聖霊降誕祭に「マイスタートゥルンク祭り」が行われている。

普通のドリンクでも3.25ℓの一気飲みなんてとてもじゃありませんが、できる気がしません。
しかしこの伝説では町を守るため、お酒でそれを成し遂げています。まさに伝説ですね。

スポンサーリンク

町を彩る仮装やパレード

マイスタートゥルンク歴史祭りでは伝説を再現し、17世紀の時代衣装を模した仮装やパレードなどが行われています。

まじまじと見ると3.25ℓの大きさは迫力がありますね。

またローテンブルクの街並みは素晴らしく日本とはまた違った変わらない伝統の魅力がいっぱい詰まっていますね。

皆様もぜひマイスタートゥルンクの開催時期に合わせてドイツのローテンブルクに足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

マイスタートゥルンク開催時期や場所

2019年のマイスタートゥルンク歴史祭りは6月7日(金)から6月10日(月)にドイツのローテンブルク・オプ・デア・タウバーにて開催されます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事