もはや世界一有名なお祭りではないでしょうか。

スペインで大量のトマトを投げあう祭り「トマティーナ(スペイン語でLa Tomatina)

情熱の国スペインは赤が似合う!
とにかくエキサイティングな祭りとして知られています。

当日は戦闘準備万全の参加者で街は大賑わいです。

まずはその様子を御覧ください。

スポンサーリンク

トマティーナの様子

まずは定番のトマトを投げる!
トマトって固形ですから当たるとそれなりに痛いですよね...
トマティーナ(スペイン)でトマトを投げる

投げることに飽きた方がやること。トマトに飛び込む!ダイブです!!
トマティーナでトマトの海にダイブ

飛び込んだら次にやることは決まってますよね♪

トマトの海を泳ぐ。
トマティーナでトマトの海を泳ぐ

このようにトマトを使ってあらゆる事が出来てしまいます♪

トマティーナですが、午前10時に生ハムを奪い合う前哨戦が行われます。

前哨戦にはワインを持って参加したい(笑)

11時にはいよいよトマト投げがスタートされます。

参加者はトラックいっぱいのトマトを四方八方へ投げまくります。

もちろん食べても良いのですが、ほとんどの参加者は惜しげもなく投げています(笑)

投げ合いの結果は先程の写真の通り。

髪の毛から足先まで全身がトマトでどろどろになります!

そして、正午に投げ合いが終了となります。

もちろん、参加もできるので海外からも多くの旅行客が集まるみたいですね。

スポンサーリンク

トマティーナの時期

毎年、8月の最終週の水曜日に開催されます。

2019年は8月28日に開催となります。

トマトが1日で100トンもの量が消費される日でもあります。
トマト生産のどのくらいの割合がこの日に消費されているのでしょうか、気になる...

ちなみに前夜祭も開催されており、移動遊園地や夜にはイルミネーションでお祭り一色のモードになります。

前日から夜通し遊ぶ人も多いみたいですね。

スポンサーリンク

トマティーナの開催場所

気になる開催場所ですが、スペインのブニョールという街になります。

バレンシアの近くです。電車でおよそ1時間くらいかかります。

地図でも分かるようにかなり小さな街なので事前にホテルを取っておかないと大変です。

ちなみにバルセロナからは3時間程度かかる場所です。

トマト祭りを楽しむならホテルを事前に抑えておく必要がありそう。

色々まっかっかでカオスですが、楽しそうですね♪

トマティーナの参加条件

さて、最後にトマト祭り、トマティーナには有名になりすぎて参加条件ができております。

  • 会員制であること
  • 会員は2万人まで
  • チケット制

上記が条件となります。
もちろん、会員とチケットが手に入る現地のツアーがありますのでとても便利です。

そして、忘れてはならないのが眼を保護するゴーグルですね。

そして、トマトの海に沈むことになりますので下着代わりに水着があった方が良いでしょう。
特に女性なら水着は必須だと思います。

服装はもちろん汚れても(捨てるつもりで)OKな衣装で参加しましょう♪

ビールかけもしてみたいですが、トマト掛けも一度は体験してみたいですね♪

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事