アメリカには街一体を紫色に染めるお祭りがあります。
ご存知でしょうか?オハイオ州ジュネーブの「Geneva Grape Jamboree」
(通称:グレープジャンボリー)

今回はこのお祭りをご紹介したいと思います。
GenevaGrapeJamboree
※ちなみに写真は2018年度のポスターになります。

スポンサーリンク

Geneva Grape Jamboreeとは?

一言でいうと、「ぶどう収穫祭」です。
もともと、オハイオ州ジュネーブ地域では、
約1500エーカーの広大な面積にぶどうが栽培されています。
エリー湖岸から10マイルの内陸までの狭いバンドにのみ存在する
特定の栽培条件が、この地域でのブドウ栽培の成功に貢献しています。
つまり、毎年ぶどうがたくさん収穫されることを祈って、
このお祭りが開催されている
んですね。
歴史も古く、1964年から毎年開催されています。

ただし、ジャンボリーというだけあってイベントは様々あります。
・2つの巨大なパレード(人間と自動車)
・クラフトショー
・ワインの試飲会
・自動車ショー
・MISS GRAPETTE
・ぶどう踏みコンテスト
・グレープパイ早食いコンテスト

来訪観客数は毎年20万人も超えるとだけあって、その規模も違いますね。。
イベントのいくつかをピックアップして見ていきましょう。

スポンサーリンク

パレード

街中を練り歩くパレードが日中に開催されます。
GenevaGrapeJamboree
まず鼓笛隊が先導を切ります。
GenevaGrapeJamboree
紫色のTシャツを着た人達がたくさん歩いています。
実際のぶどうの汁でTシャツを化学的に染めているようです。
これはこれでおしゃれな模様のTシャツに変わってますね!
GenevaGrapeJamboree
大道芸人も参加しています。
このように、いろんな方がパレードに参加されています。
そして、ぶどうをモチーフにした自動車や、
自動車だけど、一面紫色にデコレーションしたものなどが後続します。
皆さん思い思いに工夫されています。
とにかく、何らかの形でぶどうがアピールできたら、という感じですね!
GenevaGrapeJamboree

スポンサーリンク

ぶどう踏みコンテスト

イッテQの放送でも話題になったこの選手権。
桶一杯に用意されたぶどうを、
いかに早く踏み潰せるかを競う選手権
です。

飛んで一気に踏み潰す!駆け足で素早く踏み倒す!
日本では目にかけることのない光景です!笑

グレープパイ早食いコンテスト

こちらもイッテQの放送で話題となりました。
用意されたグレープパイをどれだけ早く食べきれるかです。
宮川さんがぶどう踏みと同じく快挙を達成して、
地元新聞の一面に掲載されました。
GenevaGrapeJamboree
参加者はパイに顔面をくっつけて必死に食べています。
この姿を見て観客は大盛り上がりです!

MISS GRAPETTE

なんとミス・コンテストまで開催されています。
しかも部門があり、MISS GRAPETTE(成人女性の部)と、
YOUNG MISS GRAPETTE(主に小学生の部?)とがあります。

このコンテストは伝統的で、第1回(1964年)から開催されています。
GenevaGrapeJamboree
美しい「ミス・グレープ」の方々を一度は見てみたいですね!

開催時期・場所など

geneva grape jamboreeは、例年9月末に開催されています。
2019年の開催日は情報によると、9/29、30の2日間のようです。
開催場所は地図で見ると以下になります。
最寄りの都市はクリーブランドになりますね。
ジュネーブはクリーブランドから北東へ約50kmの位置です。

ちなみに東京の成田国際からですと、
約15時間見積もっておいたほうがよいです。
※到着はクリーブランドホプキンス国際空港です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事