11月2日はラテンアメリカでは死者の日とされ(スペイン語でDia de los Muertos)祝日とされています。

日本で死者の日というと「喪」をイメージしておとなしくしている文化ですが、ラテンアメリカ諸国は違います。

特にスペインでは盛大な祝祭としており、それはまるで仮装パーティーです。

この日はガイコツやお墓が主役となります。

当日は街中がド派手で特徴的なガイコツをモチーフにしたアイテムで溢れています。

そして、墓地は死者の花とされるマリーゴールドで飾られ、祭りの代名詞!?でもある露店が所狭しと立ち並びます。

まずは動画を御覧ください。

スポンサーリンク

死者の日(Dia de los Muertos)の動画

お葬式という感じではなくて完全に仮装パーティーですよね。

日本ではハロウィンパーティーがコスプレパーティーになっていますが、メキシコでは死者の日は盛大にお祝いする文化の様ですね。

故人を偲ぶのにも日本だと1周忌とかお坊さんを呼んでひっそりと行うイメージがありますが、外国では「死」対する価値観も違うので完全なお祭り?
にも見えますよね。

それはメキシコ人という国民性なのでしょうか!?

とにかく賑やかな印象が特徴的で祭壇には故人の写真や好物の食事・飲み物、そしてガイコツの切り絵なので飾り付けを行います。

故人の好物を祭壇に置くのは世界共通みたいですね♪

この日は家族や友人と集まり、楽しい時間を過ごすことになります。

この動画を見てアニメONE PIECEのキャラクターを連想しました。

スポンサーリンク

死者の日はONE PIECEブルックの祭り?

日本で今、進行中のアニメで一番読まれているのではないでしょうか?
ONE PIECE(ワンピース)でルフィの仲間であるブルックと完全一致しますよね!

ブルック(ONE PIECE)
※出展元:ONE PIECE

この死者の日の祭りを見た日本の子供はとても怖い思いをするか、ブルックが海外で一番人気?と思ってしまうかもしれませんね。

色とりどりの衣装と海外ならではの文化品がとてもキレイで実際に参加してみたいですね♪
死者の日(メキシコ)

ブルックの祭りにも感じるかもしれませんが(笑)
死者の祭りは一説によると、先住民からの伝統にカトリックの信仰が組み合わさって生まれた伝統とされております。

スポンサーリンク

死者の日(Dia de los Muertos)の開催日と開催場所

死者の日(Dia de los Muertos)ですが、毎年11月1日〜2日に開催されます。

場所はメキシコ各地で開催されています。

各地で様々なイベントが開催されますが、特にオアハカやハニッツィオ島での催事が有名なので、是非訪れる際は寄ってみては。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事