イタリア・ヴェネツィアといえば、
「水の都」と言われ、美しいイメージを持ちますよね。
あとは、「ヴェニスの商人」というシェイクスピアの喜劇にもある通り、
貿易通商が昔から盛んだった都市ですね。

carnival-of-venice1
中世ヨーロッパの時代は、貿易には船がどうしても必要だったことから、
川沿いには船の発着場がいくつもあります。
多くの印象派画家達の作品にもヴェニスを題材としたものがありますね。

中世ヨーロッパから始められた有名な「仮面舞踏会」もありますし、
日本でもお目にかからない光景なので、
個人的には、何度も足を運んでみたい場所でもあります。

その中でも、ヴェネツィアを楽しめるイベントとして
仮装カーニバルについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

仮装カーニバルについて

現地で一斉に仮装するこのカーニバル。
世界三大カーニバルの一つとして、名高いものとなっています。
参加型形式なので、誰でも仮装参加できます。

始まったのも11世紀と言われるほど歴史は古く、
現在までに多くの人を賑わせています。

簡単に仮装気分を味わいたい人は、
フェイス・ペインティングをやってみましょう。

これなら子供でも簡単にできそうですね!
街中や駅の周りでもペインティングやってくれるお店が数多くあり、
費用も5~10ユーロ程度のものが多く、
手軽さがありますね。
しかもメイク専門のアーティストさん達なので、クオリティ自体が高いです。さすが!

祭り自体にはこれだけでも参加感を味わえるんですが、
もう少し楽しんでみたい方は、仮面や買って被りましょう!
(※フェイス・ペインティングをしたくない方は仮面でカバーしましょう)

仮面が買えるお店は、街中にたくさんあるので、
これもまだ敷居は低いほうでしょう。

本当に楽しみたいという方は・・衣装までも借りましょう。
衣装をレンタルしてもらえるお店も、もちろんあります。
ただお店によっては値段が跳ね上がりますので、、レンタル時には注意しましょう。
(※トータルで1,000ユーロほどかかります)

仮装

もしかすると、こんな感じで街を歩けるかも・・?笑
参考までに動画をご覧ください。
(これらは素人から見るともうプロですね・・)

本場は単なるコスプレとは違い、ガチ度が違います。
これだけ多くの人が仮装するカーニバルですから、
ずっと古くから世界に認知され続けているのも分かります。

スポンサーリンク

開催時期

例年2月中旬から3月上旬まで開催されているようです。
ちなみに、2019年ですと、イタリア政府観光局の情報では、
・2019年2月16日(土)~3月5日(火)です。
実は、この期間にはカーニバルのプレ期間が1週間含まれていて、
・本当のカーニバル期間は2月23日(土)〜3月5日(火)です。
※この期間がおすすめのようです。

ヴェネツィア仮装2

違う自分を見せたい、楽しみたい、旅の思い出作りにでも
興味のある方は是非!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事